介護福祉士になるためには

介護福祉士

デイサービスにおける生活相談員の仕事

弊社では、介護福祉士の資格取得をめざす職員は、取得に必要な費用を会社が負担する制度を設けています。この社内の制度を利用して昨年2名の職員が見事合格しました。今回は、介護福祉士の資格についてまとめました。ぜひ参考にしてください。

介護福祉士とは

介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」にもとづく国家資格です。 介護福祉士は、『介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもつて、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うことを業とする者をいう。』と位置づけられています。

介護福祉士は、介護を必要とする方がたのさまざまな生活行為・生活動作を支援し、支える知識と技術を有する介護の専門資格として認知されています。

介護福祉士になるためには

介護福祉士は、介護の資格の中で唯一の国家資格になりますので、介護福祉士国家試験に合格しなければなりません。

専門知識を有している証となりますので、就職や転職の際にとても有利になりますし、給与も資格手当が付与されますので、待遇もあがります。

また、一度取得すれば、免許の更新もありませんので、一生使える資格です。

(メリット)

・待遇面で無資格者よりもとても有利です。

・介護職員以外にも生活相談員やサービス提供責任者などの職種や役職につくことができ、職種の選択幅が広がります。

介護福祉士国家試験を受験すためには受験資格が必要

介護福祉士試験を受験するためにはいくつかの方法があります。

ひとつは、国から指定された養成施設等を卒業後に国家試験を受験する方法や、福祉系の高校を卒業後に国家試験を受験する方法もあります。

もうひとつは、3年以上の実務経験と「実務者研修」を修了すれば、介護福祉士の受験資格を得ることができます。

つまり、現在介護職についてる職員の方々も介護福祉士の資格をめざすことができるのです。

実務者研修とは

 実務者研修とは、基本的な介護提供能力の習得をめざしている研修です。

より質の高いサービスを提供するために、実践的な技術や知識の習得をめざすものです。介護福祉士の資格取得のために必要な研修ではありますが、介護職員として働くうえで必要な知識について学ぶことができます。

(受講資格)

受講するための資格や要件はとくになく、誰でも受講することが可能です。

(費用)

実務者研修を受けるには、費用が必要になります。

保有している資格や受講するスクールによって金額が変わります。

無資格の方は、約15万~23万、初任者研修(ヘルパー2級)の方は、約10万~20万。

当施設ではこれらにかかる費用を会社で補助する制度があります。

(カリキュラム)

実務者研修のカリキュラムは、20科目ほどあり、受講時間の目安は450時間にも及びますが、

働きながら研修を受講することができますので、自分に合うスクールを探すと良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?現在資格をもっていない方でもこれから目指すことができるということがご理解いただけたのではないでしょうか?これからも介護の仕事を続けていこうと考えている方は、ぜひ介護福祉士の資格取得をめざしてみてください。